外壁工事と一緒に太陽光発電システムを設置!

太陽光発電と蓄電池で省エネを実現!室外工事の活用法をチェック

外壁工事と一緒に太陽光発電システムを設置!

太陽光発電

気軽に設置できる

基本的に太陽光発電システムは気軽に設置することができます。福岡では、外壁塗装などの室外工事を行なうついでに設置することも多いのです。屋根さえあれば、どの住宅でも太陽光発電システムを設置することができるでしょう。

電気料金の削減

太陽光発電システムを設置することによって、月々の電気料金を節約することができます。省エネ化を実現することで、室外工事に必要な費用も気にならなくなるでしょう。長い目で見ると、太陽光発電はとてもお得なのです。

電気を溜められる

蓄電池を同時に設置することによって、電気を蓄えることが可能になります。停電などが起こった場合でも、安心です。また、太陽光から電気を作り出すので、いつでも電気を溜めることができるでしょう。万が一の災害に対応できる備えとなります。

断熱効果も抜群

太陽光発電に必要なパネルを設置すると、屋根が二重構造となります。断熱効果を得ることができるのです。太陽光パネルによって断熱効果を得た場合、室内の温度が上がりにくくなります。快適に生活できるようになるのです。

室外工事を施そう

室外工事と聞くと、面倒な手間を想像する人もいるでしょう。ですが、太陽光発電システムの場合は、簡単に設置することができます。太陽光発電システム設置の流れを見ておくと良いでしょう。室外工事に興味を持てるようになります。

太陽光発電システム設置の流れ

現地調査と見積もり

太陽光発電の専門会社が現地での調査を開始します。基本的な太陽光発電システムの説明も行なうでしょう。現地調査をすることで、住宅に合った工事を提案することができます。また、詳しい見積もりを出すには、現地調査が必要不可欠なのです。

電力需給契約と施工

見積もりに納得できた後は、電力需給契約を申し込みます。電力会社とのやり取りが必要になるでしょう。また、電力需給契約を結んだ後に施工を開始します。太陽光発電システムの施工期間は、一般的に1日から3日程になるでしょう。

発電を開始する

太陽光発電システムの最終点検は電力会社が行ないます。充電メーターなど、必要な設備を取り付ければ発電を開始することができるでしょう。さらに、専門会社によるアフターケアを受けられます。困ったことがあれば、相談してみましょう。